戸外遊び~砂・水などの自然物に心が動く~(0・1歳児)

(346)

 

5月に入り、保育園生活に少しずつ慣れはじめてきた子どもたちです。

子どもたちは、ふかふかの土の上に腰をおろしました。

保育者が土を触り始めると、その様子を真剣な表情で見たり、

真似して触ったり・・・保育園で初めての土遊びです。

 

 

(340)

 

砂のサラサラした感触が気持ちいいね。

 

 

DSCN1434

 

砂を手でつかんでみる。

 

 

(293)

 

ふしぎふしぎ、手の中から砂がこぼれる。

 

 

(310)

 

だんだんと、座っている体制から前へ前へと体が動きだしました。

 

 

(300)

 

『何だろう…?』

 

保育者がホースから水を出すと、

水が溜まる様子を不思議そうな顔で見ています。

 

 

(303)

 

あっ!思わず手が伸び、パシャパシャ。

 

自分から手を伸ばして水の感触を楽しんでいます。

遊んだ後は、シャワーをしてスッキリ!!

 

5月頃は、何だろうと砂・土・水を不思議がって触るだけだった子どもたちですが、

今では戸外にでると自分から砂や土・水によっていって、夢中で遊んでいます。

 

自然物は子どもたちの心を動かし、感性を豊かにしてくれます。

おもしろさや不思議さなどを保育士も一緒に共感しながら、

自然の中でのびのびと遊んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です